保護依頼・一時預かりについて

保護を依頼される前に

猫を保護したときはまず、自分の身近な人で里親を探してください。知人に里親が見つからない場合は、「ペットのおうち」「いつでも里親募集中」「ジモティ」などの里親探しのホームページを活用して里親さんを探してください(里親募集の仕方が載っています)。

それでも里親さんが見つからない場合は、保護主と保護依頼を受ける私たちが命に対しての共通意識(保護≒飼育≒費用が掛かる)を持っていただき、飼育費用の一部をご負担(ご寄付)いただいた上で、里親に出せるまで当団体がお世話をし、里親探しをいたします。

保護を依頼するには?

お問い合わせは必ず、お問い合わせのページから下記条件をご理解・ご納得の上、お名前・ご住所・お電話番号・状況を正確にご記入の上、ご連絡ください。折り返しお電話にてご連絡いたしますので、お電話番号は繋がりやすい番号をご記入ください。住所が正確に記入されていない方のご依頼はお受けできませんので予めご了承ください。

1. 仔猫の場合

当団体では「殺処分が多い」2か月未満の仔猫を優先的に保護させていただいています。保護時の健康状態や大きさにもよりますが、1匹につき20000円以上の寄付をお願いしております。

※申し訳ございませんが ご寄付のお願いができない方は 保護をお断りさせていただきます。
※保護時にウィルス検査・ワクチン接種をお願いする場合がございます。
※市役所等の案内でご連絡いただいた場合も同様の条件にて保護させていただきます。
※当団体は 国や県・市町村等からの助成金はいただいておりません。

2. 成猫・老猫の場合

外に長くいた成猫は、エイズ・白血病などを持っている場合が多く、現在保護されている猫達への感染を防ぐため、成猫・老猫の保護はお断りさせていただきます。外猫でお困りのかたはTNRをご相談ください。

老描の場合は 「老描ホーム」(有料)という施設が全国にいくつかございますので そちらへお問い合わせいただくようお願いいたします。当団体はシェルターに収容できる猫の数に限りがあるため、終生預かりは一切お断りしておりますので予めご了承ください。

一時預かり

Happy-Wildcats出身の猫またはその同居猫に限り、旅行や入院等、やむを得ない理由のある場合のみ、当シェルターにて1泊1000円でお預かりいたします(最高2週間まで)。ご希望の方はお問い合わせ画面よりお問い合わせください。

  • シェルター内に収容している猫が多数の場合はお断りさせていただきます。
  • お預かりするときに普段、家で食べているご飯を持ってきていただく場合がございます。
  • 宿泊時の事故・病気で急死した場合は責任は負いかねますので、予めご了承ください。
  • 万が一、病気になったときのことを考えて、かかりつけの医院・ワクチン接種日等をお伺いいたします。