プチの里親さんからお便りが届きました

昔、犬を飼ってたことはありました。
いつも家の中で一緒にいれる猫にはずっと憧れていました。
心の病気になりモヤモヤしていたころ猫と一緒にいたくなり、近くのペットショップや遠い猫カフェにたまに行って我慢してました。

一年間して家族の動物を飼う許可をもらい、たまたま母親が福猫さんの前を通り、何回か見学をさしてもらいました。
みんな穏やかな猫たちでしたが、ここにくるまでの生い立ちや苦労を聞くとかわいそうな子ほど可愛く思いました。

おとなしく膝の上にすわってくれた子。プチに心を救われました。外形はのらだけど優しくて良い心の子。

最初、家に来た時はかなり動揺してましたが、今では立派な家族の一員。家中を歩いたり、布団で寝たり。

一緒に毎日夜景を見ています。
毎日一緒にいる母親にべったりですが幸せに暮らしています。

優しい子だから猫パンチもしません。
とても可愛いです。

もし、福猫さんに出会わなかったら、プチにも会えなかったし、育てるアドバイスや良い餌も知らなかったし、感謝しています。

プチからぬくもりや暖かい気持ちをもらってます。これからもプチと一緒に長く幸せに生活していきます。

こちらもあわせてどうぞ

里親さんからのお便りの記事一覧へもどる